小林歯科医院
ホームコンセプトご挨拶院内紹介診療時間診療内容デンタルスパアクセス
診療内容

お子様から高齢者の方までの齲蝕(虫歯)治療、歯周病治療(歯茎治療)予防歯科等、
歯に関することなら何でもご相談下さい。
治療に際してほとんどのケースにおいて保険治療が可能ですが、
審美的、機能的に保険外診療(自費診療)が最適な場合がございます。
いかなるケースにおいても患者様と治療計画を立案の上
診療開始いたしますので、お気軽にご相談下さい。
なお一部自費診療の料金につきまして
院内待合室に掲示しておりますので、ご覧下さい。

虫歯治療・小児治療

歯の病気の中で一番多いのが虫歯。
虫歯は誰でもかかるため、軽く見られがちですが、
一度虫歯になったら自然のままでは決して元には戻りません。
治療を受け、それ以上進行しないようにするしか、歯を守る方法はありません。
ですから虫歯が出来る原因を知り、予防を心掛けることが大切です。
虫歯は、歯の表面に付いた歯垢(プラーク)に、
虫歯を作る菌が住みつき酸を出します。
この酸が歯の表面の硬いエナメル質を溶かし穴を開けます。
これが虫歯のはじまりなのです。
進行状態によって対応は変わりますが主に、
・むし歯に侵された部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます(主に進行状態C1〜2)
・むし歯に侵された部分を完全に削り取り、感染した歯髄(神経、血管)を除去します。(主に進行状態C2〜3)
・むし歯が完全に進行してしまい抜歯を行ないます。(主に進行状態C4)
小林歯科医院ではなるべく生まれたままの「歯」を生かす治療を行っております。
もちろん「今」の治療だけでなく今後もずっと自分の歯を使っていただく為に
ブラッシング指導もご希望によりお伝えいたします。

小林歯科医院では、可能な限り保険診療の範囲でも白い材料を使用して治療いたします。

ページトップ

義歯・入れ歯

超高齢化時代と言われる、昨今、義歯(入れ歯)を使用されている方は
日本人においては10人に一人近くの割合だとされています。
しかしながらあまり快適ではない義歯にお悩みの方も多数おられるのも事実であります。
当院ではより快適に、より美味しく食事を愉しむことのできる
義歯をご提供できるよう力を注いでおります。
義歯が必要になられた全ての年齢の患者様方のプライバシーを配慮した
個室診療室
にてご相談、診療を行います。
部分義歯、総義歯(総入れ歯)難症例義歯を問わず、ご相談下さい。

部分義歯、全部床義歯問わず全て保険診療で作成可能です。
しかしながら機能面や審美面に関しては素材の違いや
作成方法により自由診療(自費診療)義歯が有利になる場合も多々あります。
ここで一部ですが、ご紹介いたします。
他にも数種類の義歯がありますが、
患者様一人ひとりに合った義歯をご提案させていただきます。
一例として、
■コバルトクロム床義歯・・・200,000円
快適に且つ、強い咬合力を発揮させたい症例に最適。
最薄部で約0.3ミリ程度の厚みであり、熱も伝えることが可能です。
金属に対して過敏な方はごくまれに
アレルギーを起こす可能性があるとされます。

■チタン床義歯・・・250,000円
より快適に、より生体親和性を向上させた義歯です。
チタンは生体安全性が高くアレルギーを起こす可能性が限りなく低く、
コバルトクロムより重量は約半分。
厚みも0.4ミリ程度で熱を通し、
より食事を美味しく召し上がっていただくことが可能です

■白金加金床義歯・・・320,000円
生体親和性に優れ、口腔内で最も科学的に安定した状態を保つことのできる義歯です。
仕上がりの美しさも秀逸で、お口の中では心地よい接触感が得られます。
現在ある義歯の中では最も優れたものと考えられます。

ページトップ

インプラント

インプラントは「第3の歯」と形容されます。
生まれて半年ぐらいから生え始める乳歯が「第1の歯」
6歳前後に乳歯に代わって生えてくる永久歯が「第2の歯」
そして永久歯がなくなった後を補う歯としてインプラントが
「第3の歯」と言われているのです。

歯の構造を簡単に説明すると、歯肉の下に隠れている部分が歯根で、
上に出ている部分が歯冠です。虫歯や歯周病によって歯根から歯がなくなった場合、
歯が抜けたところに人工の歯を根元からつくって入れる治療法がインプラントです。
まず人工歯根を歯槽骨に埋め込み、歯を支える支台部を連結し、新しい歯冠を装着します。
これが「第3の歯」インプラントです。

■インプラント(一時施術【インプラント埋め】始めすべて)・・・324,000円

■セラマージュクラウン・インレー(ハイブリッドクラウン・インレー)とは?
セラマージュクラウン・インレーはセラミックとレジンの複合素材でできており、
強度と適度な柔軟性を兼ね備えた新しい素材です。
セラミック単独素材と比較すると色調はやや劣りますが、
保険適用内での修復には銀色の金属を使用しなくてはならないところに、
このセラマージュは歯の色調に合わせた白色の素材ですので
審美的にも機能的にも優れております。

ページトップ
ページトップ